FC2ブログ

ジェネシス・レター

英会話スクールやプリスクールでの何気ない出来事を綴っていくスタッフ日記

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
11月23日(金)は日本宇宙少年団(YAC)の分団活動に参加しました。
今回は待望の「ロボット作り」に挑戦ということもあり、始まる前から
大人も子どももワクワク
会場となったひめぎんホール別館の部屋へ入ると机の上には
黒と白の人間型ロボットが2体。すぐに参加者全員を釘付けにして
しましました

今回の講師は、数少ないロボット研究者のひとりで四国では有名な
      松山大学準教授 松田圭司 先生

をお迎えし、ロボットの誕生から現在多くの分野で活躍している
ロボットの紹介、半導体の働きを低学年のこどもでも理解できるよう
映像を交えながら非常にわかりやすく説明して頂きました。

ロボットの仕組みがわかった上で、バッタロボットの製作、そして
トーナメントを行いました。

松田先生の講義中、机の上の人間型ロボットが動いたり話し始めたりして
先生の講義を遮り、注目を集めてしまうハプニングもありましたが、
それをきっかけに皆のロボットへの関心が益々高まり、とても集中して
講義を聴くことが出来たように感じました。

◇「人間型ロボット」を英語で"humanoid robot" 中国語で「机器人」と言うこと
◇ロボットの誕生・・・日本の「からくり人形」が電池もない江戸時代から作られていたこと
             田中久重(ひさしげ)/東芝の創始者とその作品「弓曳童子」や「茶杓娘」
             を紹介し、日本の発明家が世界からも注目を浴びていたことの説明
◇工場で活躍するロボット・・・溶接ロボット、塗装ロボット、組立てをするロボット等
◇人の役に立つロボット・・・レスキューロボット、警備ロボット、介護ロボット、パワーアシスト
                 手術ロボット、アミューズメントロボット等

これまでに話題になった人気ロボットから全く知らなかった分野で活躍するたくさんのロボット、
最新型のロボットの動きに感心や驚きの声も上がり、皆の心がロボットに釘付けになったところで
「バッタ型ソーラーロボット」作りへと移りました

最年少は4才からロボット作りに挑戦してくれました。苦戦しながらも一生懸命最後まで自分で
頑張って完成させる小学生や親子で力を合わせて作っている様子、頭をひねりながら真剣に
取組んでいる大人の姿等がみられましたが、自分のロボットが完成した時の顔は皆満足気で
本当に嬉しそうでした。

最後のトーナメントはもちろん皆真剣そのもの。「ア”ア”-!」「ダメーー!」「〇△×◆#?」と
よく分からない叫びが部屋に響きわたる中、無言でガッツポーズをとる姿もあり、皆自作の
ロボットに期待しつつ勝負に挑むとてもエキサイティングな時間となりました。
今回初めての「ロボット」をテーマとした分団活動でしたが、子どもにも大人にもとても人気が
高く、参加できなかった団員さんたちの為にも是非またこのような機会を持てたらいいなと
思います。これまでそれほどロボットに興味をもっていなかった私自身もこれをきっかけに
ロボットにとても魅力を感じるようになりました。
改めて宇宙少年団の「未来を担うこどもたちに夢を与える」活動に感動です

HIMG0315_convert_20121203161518.jpg HIMG0350_convert_20121203161739.jpg HIMG0371_convert_20121203161909.jpg

HIMG0391_convert_20121203162104.jpg IMG_3266_convert_20121204093744.jpg HIMG0381_convert_20121203162435.jpg 
DSC_0433_convert_20121204094112.jpg   IMG_3316_convert_20121204094326.jpg











 



 



スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。